2016年モデル新車展示会へ行ってきました。

TIME、cinelli、CARRERA、ORBEA等のヨーロッパメーカーの代理店をしている会社から

国立京都国際会館で「2016年モデル新車展示会」が開催。

試乗会もあるとのことで申し込みをして、行ってきました。

各メーカーのフラグシップモデルを横目に早速、試乗場へ。

やはり、皆、フラグシップモデル(高価)へ群がる。

フレーム・ホイールはカーボン、コンポはデュラエース(電動もあり)

「今までに見るだけで乗ったことがない!!」っとテンションが上がります。

乗ってみた感想は、

「軽い!」「カーボンがしなる!」「シフトレバーからの指先にストレスがない!」

その他、良い感想が諸々。

やはり「お金をかければ、かけるほど・・・」といった感じでしょうか。

この事実を知りたくて、この展示会にきたのですが、

はたしてここにきて良かったのかどうか。

「血を吐きながら続ける、悲しいマラソン」にならぬよう気を付けたいところ。

こんな台詞が頭の中をよぎったのはこの国立京都国際会館が

「ウルトラセブン」のロケ地だということが頭の隅にあるんだろうなと思います。